NEWS

  • HOME
  • 校友会のお知らせ詳細

会長改選に伴う立候補について

2024/05/08

 会員の皆様には、平素より校友会活動へのご理解、ご協力をいただきありがとうございます。 

さて、2024年4月26日付「校友会ウェブサイト」で 会長改選について告知いたしました。役員改選の実施要綱は下記のとおりです。 

 記 

このたびの選挙(会長)は、本会会則※及び選挙規程(細則)に則って役員改選を実施し、総会の場において選出承認されるものです。

※ 第3章 役員 第10条(役員の選出)及び 第11条(役員の任期)
(役員の選出)
第10条 本会の役員の選出は、会長のみが本会の総会において選出され、
その他の役員は会長が任命し、総会での承認を得る。
(1)会長は、会員より選出する。
(2)会長、副会長は支部との役員を兼任できない。
(3)顧問及び相談役は、必要に応じ役員会にて選任する。
(役員の任期)
第11条 会長の任期は選出された期日より2年間とし、再任は3期までと
する(最高6年まで)。
2. 役員が会員の資格を喪失した場合は、その役員はその地位を失う。


【選挙規程】
(立候補の届出)
会長に立候補する者(本会会員の資格を有する者)は、2024年5月20日から5月26日までに、校友会本部選挙管理委員会宛(info@tcm-koyukai.jp)にメール添付により、書面をもってその意思を届け出るものとする(プロフィール・顔写真、立候補に際しての抱負、推薦書7名分を添え提出。何れもA4判にて書式は自由)。
(候補者の確定)
立候補届け出の締切り後、1週間以内に候補者の資格審査を行い、候補者を確定する。
(会長選出)
候補者が複数の場合は、選挙投票により上位2名を選出し、決選投票を実施し、得票数の多い候補者が会長に選出される。
但し、候補者が1名の場合は、その1名のみが会長候補者となり、総会において承認を得るのみとする。
(会長以外の役員選出)
選出された会長はその他の役員を選任し、総会においてその承認を求めるものとする。
(選挙結果の公表)
総会後、その選挙結果を校友会ウェブサイトにて公表する。

以上

2024年5月8日 

東京音楽大学校友会 選挙管理委員会
委員長 古城里美 (大17回卒・声楽)
委 員 白石俊夫 (大46回卒・トロンボーン)
委 員 藤巻安利亜(大46回卒・クラリネット)

交流ひろば 〜つながろうTCM〜
/ COMMUNITY

掲載希望のあった会員のイベント、演奏会、同期会の案内などをお知らせしています。校友会会員の交流ひろばとしてご活用ください。

交流ひろばへ

ABOUT US / 私たちについて